高値で売る為には!基本的な中古車売却の手順について

中古車売却、中古車売買の手順についてですが、流れを説明してきます。

1、中古車査定

まず初めに、自身の車両の価格を知らなければいけません。

基本的に車を買ってくれる所は、買取業者とディーラーになります。

大きな違いは、買取業者の場合、次の車を買う買わない関係なく、金額は大げさに前後しません。

また、次の車の納車まで待つパターンと即日、近日のお渡しが選べます。

一括査定などで、ガリバーやアップルなどは納車まで待たず、早めの取引を望みます。

一方、ディーラーの下取りは基本的には納車のタイミングで引き渡しです。

(車検切れなどは除く)金額も引き渡しの時の査定額で計算されるため、買取に比べると価格差は出ます。

2、売買の日程

買取の場合は、ほとんど一週間以内には持って行ってしまいます。

また、契約が決まり、オーナーがよければ、即日持っていくこともあります。

中古車の査定金額は日に日に変わってきます。

どの業者も早く買取、値段が落ちないうちに処理をしなければいけません。

ディーラーよりも金額が付くのはそのためです。

ディーラーの場合は納車までが前提です。

だいたい一ヶ月くらいを目安にしていますが、新型車などの納期は遅れがちです。

そうなると、金額の落ち幅は時期によて違いますが、結構大きいです。

3、必要書類提出

必要書類は普通車と軽自動車によって違います。

普通車の場合

  • 印鑑証明3通
  • 実印
  • 納税証明書

軽自動車

  • 住民票1通
  • シャチハタ以外の印鑑
  • 納税証明書
  • 免許書コピー

お客様が新たに揃える基本的な書類は上記の内容です。

車検証、自賠責、リサイクルは車検証入れに入っていますので、確認してください。

その他に委任状、委任状(自動車税)自賠責証明、譲渡証明など、ディーラーや買取が持っている書類があります。

その書類に印鑑を押します。

ただ、今説明した書類も、自賠責、車検証の内容によっては求められる書類も変わっていきます。

住所のつながりや、結婚して名字が変わった場合、遺族の名義の場合などで書類は違います。

4、車両引き渡し

車両の引き渡しは業者によって変わります。

ほとんどは金額によるものが大きいです。

原則、書類と一緒の引き渡しが望ましいです。

5、査定金額の受け取り

ディーラーの場合は、購入車両から引かれるので、金銭のやり取りは書面上でしかありません。

買取の場合は、基本的に口座振り込みで1、2週間ほど時間がかかります。

買取業者によっては現金で支払いしてくれる所もあります。

ただし、必要書類が必ず必要になるので、事前に準備が必要です。