ローンを組んでても売れる?気になるローンと中古車売却について

ローンが残っている場合って売れるの?

車両を購入する場合に普通の会社員であれば一括払いでの購入はなかなか難しい場合もあります。

そんなときにお世話になるのがローン、車の場合はマイカーローンなんて言われたりもしますが、このローンの支払いが残っている場合での車両の売却は可能なのか。

答えはイエスで、売ることができます。

ただし、ローンがある場合の売却にはいくつかの条件がつき、これを満たす場合のみ売却することが可能です。

ローンを完済すること

ローンがある場合の売却で例えば車両売却額が、ローンがあるからといって下がることはありません。

中古車として通常通り売れますが、では残りのローンはどうなるのでしょうか、車だけ売ってローンだけが残るのでしょうか。

この場合、車両売却額は残りのローンと相殺する形になります。

例えばざっくりとした額ですが、ローンが残り30万あったとして車両売却額が50万だった場合、相殺した残り20万円があなたの手元に残るお金になります。

ここで相殺しきることができれば何も問題はありません、ただもし相殺できなければその残りは別途支払う必要があります。

このように完済することで初めて売却することができます。

ではもし相殺した残りの支払いも厳しい場合はどうするのかといいますと買い取り業者と別途支払いローンを組むことで解決することができます。

この場合の元々のローンは買い取り業者が引き受けることになり、新たに買い取り業者に対してローンの支払い義務が生まれます。

名義が所有者のものであること

ローンを組んでいると車両の名義が所有者のものではない場合があり、こういった場合は中古車として売却することができません。

では名義が所有者以外にある場合とはどんなときかと言いますと車専門の販売店から購入した場合にこの可能性があります。

通常、銀行で組む自動車ローンは所有者に名義が残りますが、車専門の、つまりディーラーから購入した場合はディーラーローンと呼ばれるローンを組むことがあります。

このとき、車両の名義は販売店かローン元の信販会社にある可能性が高いです。

こういった場合は中古車として売却する前に一度自身に名義を戻す手続きを行う必要があります。