修復歴があると高く売れない?判断基準と注意したい点について

あなたの車は修復歴車?その判断基準

修復歴や事故歴がある車の場合、そうでない場合と比べて程度によりますが中古車売却時における売却査定額に影響がでます。

しかし、一口に事故、修復といってもどの程度なのか、例えば車を運転していて軽く縁石にこすった、駐車時にバンパーを軽くぶつけた。

こういった場合はどうなるか気になる方もいるでしょう。

実際こういった場合の判断については一定の基準が設けられています。

その定義ですが、車両における骨格部位の修復や交換があったかどうかが判断の基準になります。

それは、専門的な用語になりますが「フレーム」「クロスメンバー」「インサイドパネル」「ピラー」「ダッシュパネル」「ルーフパネル」「フロア」「トランクフロア」「ラジエータコアサポート」の部分です。

ここを修復したり修復、もしくは修復が必要とみなされる場合は修復歴車と判断されます。

ですので例えば車を運転していてよくある飛び石(小石が跳ねてフロントガラスに当たること)でフロントガラスを交換した、といった場合は修復歴車にはなりません。

修復歴は告知義務があるの?

ではもし自身の所有する車両にこういった修復歴があると判断できる場合、実際に中古車として売却する際に、業者には言わなければいけないのでしょうか。

結論から言えば言わなければいけません。

もしこういった情報を相手に伝えなかった場合は「必要事項告知義務違反」として処罰の対象となる可能性があります。

結局のところ相手もプロですからいずれ分かってしまうので、隠しても仕方がないと考えて割り切ったほうがいいでしょう。

修復歴車でも高く売る方法

修復歴があっても中古車として高く売りたい、というのが実際のところの心情ではないでしょうか。

まず修復歴についてはしっかり伝えますが、上記で説明したフレームなどの部分に問題がないものに関しては特に伝える必要はないでしょう。

ただ、整備手帳等を確認しますと十中八九聞かれますのでその場合は、経緯とフレーム等には異常がなかったと説明するといいでしょう。

こうなれば業者は必要以上に足元を見てくることはなくなりますので不要に買取額が下がることはなくなります。

また、車は売却時に洗車はしないほうがよく、というのも洗車をしてしまえば汚れや小さな傷が目立ってしまうからです。

これは別に告知違反をしているわけではないので要は嘘はついてなくて見抜けなかった業者側の落ち度になります。